FC2ブログ
前回の日記で醤油工場見学に行ってきましたが。
今回は、製粉所に見学に行ってきました。

行ったのは、光が丘にある宮本製粉さん。
この日は、生徒さんだった方2名と共に。
駅まで迎えに来ていただいて工場へ。

まず製粉行程の説明をしていただき。
実際に、工場の中に。
行程としては、
石抜き→磨き→粒揃え→脱皮→製粉
こうゆう行程を行っている。
しかし、以前働いていたお店でもこのような行程を行って自家製粉をしていたんですが。
さすがは、工場という程圧倒される程の各所の機械の容量のスケールが違う。

石臼碾きとロール碾きとあるんですがそのどちらの機械の台数がハンパない。




すっかり圧倒されてしまった。
その後に、産地別の丸抜き(外の皮を剥いたもの)を見せてもらい味の確認をさせてもらう。
意外だったのが、福井の在来種すごく甘みが強かったので常陸秋蕎麦じゃなくてもコレもいいな。


見学終了後、丁度お昼だったので近くの蕎麦屋に席を取っているということだったのでそちらに移動。
着いた先は、練馬の『176』さん。
こちらのお店は、以前日記にも書いたお店。



注文は、まずは鴨わさと卵焼き、焼き味噌のつまみ三品。


↑鴨わさ。
前回に行ったときにも、食べた一品、
なかなか鴨をこうゆう風に食べる事がないのですごく美味しい。



↑焼き味噌。
これは、蕎麦屋の定番。
香ばしく焼いた味噌が、美味しい。



↑卵焼き。
お蕎麦屋さんの卵焼き。
ふんわりと焼き上がってて甘くて美味しい。

つまみも食べてそれぞれにお蕎麦を注文。
自分は、温かいゴボウの天ぷらそば。


↑カリカリのゴボウの天ぷらが汁につかってうまいわ~。

いやいやすっかり皆さんで満足してお店を後にする。

その後、一人と別れてもう一人の方ともう一軒以降という話になり。
西荻窪にある鞍馬さんに久しぶりに行く事に。

駅からすぐにあるこのお店。
前回は、冷たい箱もりそばを頼んだので今回は温かいのと思っていたので丁度季節限定山かけそばが目に入ったのでコレにする。



↑山かけ蕎麦。
汁がとにかく美味しかったという印象を受けた。
そこにふんわりとしたとろろが乗っているという感じ。

いやいやさすがに食べ過ぎた間がここまで来るとあるなww

まあたまにはいいか。


スポンサーサイト



2009.03.07 Sat l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://sobaminori.blog.fc2.com/tb.php/51-a9402d6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)